2009/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊婦健診
10月21日(水) 38W5D

今週も、健診の日がやってきました。
1週間ごとなんだけど、結構長く感じるんだよなぁ。

今日もいつも通り一通りの検査があります。
そして、内診。
先生は、

先週はまだ子宮口開いていなかったのよね~
どうなってるかしら?


と言って内診を始めました。
そして・・・

所見では、先週と全く変わらないわね(笑)
赤ちゃんの位置もまだまだ高いし、子宮口もまだ0cmね。
お腹の中が居心地いいのかしらね?
でも、まだ焦らなくても大丈夫よ~


だそうです大泣き
私と、旦那さんの子供なので、かなりののんびり屋さんなんだろうなぁと思っています。
きっと予定日直前になって、急激に下がってきたり、子宮口が開き始めたりするんだろうながーん

そして今日はノンストレステスト(NST)があります。
分娩監視装置で、胎児ちゃんの心拍をとったり、お腹の張りを調べたりします。
胎動も記録されるようですが、胎動を感じた時に押すボタンも渡されます。
本当は、外来で受けるようなのですが、今日は空いていなかったようです。
そして、病棟の陣痛室が空いていたので、そちらで受けることになりました。

陣痛室に行ってみると、2人の妊婦さんが陣痛に耐えていましたビックリ
カーテンで仕切ってはあるのですが、その2人の妊婦さんの間のベットに案内されましたがーん

左側の妊婦さんは、
はうぅぅぅぅ~
と言いながら痛みをのがしています。
あぁ・・・辛そう・・・涙

右側の妊婦さんは、少し前に入院が決まったようで、助産師さんに入院についての説明を受けています。
その合間に、陣痛の波が来るようで、返事が苦しそうになったりしています。
こちらの方は、経産婦さんらしく、入院して2時間位みたいですが、すでに6.5cm開いてきているそうです。
産まれるのは、3時間後位かしらね~と言われていました。
経産婦さんって、やっぱり早いのですね!!

始め、胎児ちゃんはおとなしかったのですが、両隣の妊婦さんの陣痛が強くなると、胎児ちゃん同士でなにか感じるのか、私の胎児ちゃんも動きが激しくなってきました。
私も、あと少ししたらこーなるのかぁ・・・と思いながらNSTを受けていました。

外来にもどり、先生との問診です。

NSTでは、最初赤ちゃん寝てたみたいだけど、後半元気だったから大丈夫ね。
子宮口はそのうち開いてくるでしょう。
先週の貧血の検査は、11超えてるからもう大丈夫ね。

だそうです。
とりあえず、貧血が治っただけでも良かったGOOD

その後、たまたま助産師さんと話す機会がありました。
子宮口が開かない事を気にしていたので、その事を少し話してくれました。

よく、「たくさん歩きなさい」って言うけど、歩いたり運動したからって陣痛が来るわけじゃないのよ。
歩くのは、産む時と産んでからの体力作りね。
だから、そんなに頑張らなくてもいいのよ。
転んだりしてお腹打ったりしたら大変だから、そっちに気をつけてね。
病院で陣痛が遠のいた妊婦さんが歩いているのは、重力の関係ね。
寝ているよりは、立って歩いているほうが、下がって刺激されるから。


と言っていました。
最近、全然お散歩してなかったから、そのせいかなぁと思っていたけど、違うみたいで安心手書き風シリーズ矢印上

来週は、胎児ちゃんも下りてきて、子宮口が少しでも開いているといいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。