スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離れ離れ
4月13日

毎月行っている、地域のママと乳児の集まりに行ってきました。
すると、なんだかいつもと様子が違います。
いつもは、母と子が一緒にいて、絵本の読み聞かせや、
手遊びを教えてもらったりしています。
でも今回は、母と子とパーテーションで仕切られた、あっちとこっちに
それぞれ集まっていました。
どうやら、新年度になり、内容も新しくなったようです。

今回は、母だけで集まり、育児でわからない事を話したりなんだりしました。
その間、パーテーションの向こうで子供たちは、保健士さんたちにあやされていました。
プチ保育所って感じでした。

私は、もも太郎くんが産まれて、病院を退院してから、ほぼ一緒に過ごしています。
離れている事の方が少ないです。
なので、私は久しぶりに身軽さを楽しむことが出来ました。
もも太郎くんの事は心配ですが、めんどうを見てくれているのは保健士さんです。
しかも、泣き声が聞こえる所にいます。
とても安心です。

これは、もも太郎くんにとっても、良い事のはずです。
今までは、私か、毎日お世話しに来てくれているおばあちゃんか、
お父さんが必ず側に居ました。
でも、今回はまるっきり知らない人達ばかりです。
(知らないと行っても、何回も行っている集まりなので、
顔見知りの保健士さんも、赤ちゃんも居るんだけど・・・)
保育園の体験入園って感じかな。

会の最中、隣でたくさん泣き声が聞こえました。
何人も赤ちゃんがいるけど、我が子の泣き声ってわかるものなのですね。
泣いていても、保健士さんがいるんだ、保育園に入れたつもりで我慢・・・
と思っていましたが、どうにも泣き止まず、保健士さんに連れられてきました。
もも太郎くんは、眠くなったようでおっぱいの催促でした。
やっぱりおっぱいないと眠れないのか・・・。

おっぱいをあげて、うとうとした所で、床におろそうとしましたが、やはり失敗。
抱っこしていたら、寝そうだったので保健士さんが変わってくれました。

そしてなんと!!
その後1時間近く、保健士さんに抱っこされていました。
置くと泣いてしまうようで、会が終わるまで、抱っこされていたもも太郎くんは
満足した様子で、会が終わった私とご対面しました。

保健士さん、お疲れ様でした。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。