2011/02 12345678910111213141516171819202122232425262728
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院9日目・退院の日
1月3日

昨夜は吐かなかった!!

朝も、ずっとおっぱいをくわえて離さない。
もう、途中で止めさせることは出来ない・・・。
それくらい、元気になった。
朝食も、嫌いなフルーツと、甘いヨーグルト以外は完食。
これできっと退院できるはず!!

ところが、回診に来た先生は、
「もう1日様子を見ましょう」
と言う。
昨日、ご飯を食べ始めたばかりだかららしい。
今日、退院できると思ったのに・・・。
旦那さんのお休みは明日までだから、今日には帰りたかったのに・・・。

ご飯を食べ始めたので、看護士さんが点滴を抜きに来てくれた。
その時に聞いてみた。
おっぱいも飲めたし、ご飯も今までにないくらい食べている。
吐いていないし・・・。
なにより、元気になったもも太郎くんを、狭いベッドの上だけにおさめておくのがかなり難しいと告げた。
もも太郎くん、体が弱っている時もベッドにずっと居ることができなくて、部屋中を抱っこで徘徊していた。
部屋の中なら移動しても良いと言われていたので、大人が抱っこして、点滴を引いて1日の半分近くうろうろ・・・。
他にそんなことしている子居ないのに^^;
それを看護士さんも知っているからか、先生に掛け合ってみると言ってくれた。

少しすると先生が来て、
「念のため様子をみてもいいかな、位だから退院してもいいですよ」
との事。
これから退院の手続きをして、帰れることになった!!!
聞いてみるものだな。

退院の手続き・お会計をしにもも太郎くんの側を離れた。
昨日まで、ベッドのカーテンの外に出るだけでも号泣していたのに、今は泣かない!
大好きなお父さんや、おじいちゃんおばあちゃんが居てくれても、私が側にいないとダメだったのに。
本当に体調が戻ったんだな。
安心。

お会計は、お正月休みであいていないので、後日ということになった。

旦那さんがお迎えに来てくれて、三人でタクシーに乗って帰った。
久しぶりのお外!!
もも太郎くんに、ミッキーとミニーのお正月飾りを見せることができた。
(興味なしだったけど)
外が嬉しくて仕方がないみたい。

おじいちゃんとおばあちゃんは、家で待っていてくれた。
部屋を掃除してくれたり、オモチャを綺麗に拭いてくれたり。
もも太郎くんは、オモチャに飛びつくと思ったら、テレビに飛びついていた^^;
なにはともあれ、久しぶりの家は落ち着く。
長い長い入院生活がやっと終わった。
途中、何度も吐いてしまうので、回復するのか心配だったけど、ちゃんと回復した。
8日間、全く歩かずベッドでの生活だったので、しっかりした足取りだったのに、フラフラしている。
これは、すぐに元に戻るだろう。

まだ油断はできないけれど、元気になって退院できて本当に良かった。
もも太郎くんに辛い思いさせちゃった。
流行を、甘くみていた私の責任だな。
今後、もう大きな病気にはかからないように、私ができることはやらなくちゃ。


余談
途中、旦那さんも体調を崩した。
もも太郎くんの胃腸炎がうつったのか、他からもらった来たのか、腸炎にかかってしまった。
お見舞いに来て、救急外来で見てもらったりした。
一方、私は超元気だった。
付き添いの私が、体調を崩したらダメだから、いいことなんだけど、
胃腸炎の子と付きっ切りで、体中に吐かれ、お風呂も入れずだったのに風邪すらひかない。
私って結構頑丈だと思ってたけど、ここまでとは・・・^^;

スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院8日目
1月2日

朝の検診で先生は、昨日に引き続き様子を見る方向。
一応、搾乳した母乳は終わりにして、直接飲んでいいことになった。

もも太郎くんの飲みたい放題だと怖いので、一応時間を計って10分くらいで終わりにしたけど。
食いついて、なかなか離さなかったけど^^;

その後来た看護士さんに、もも太郎くんが、今までと違って元気が出てきたこと、
私が食べているものを奪い取ろうとすること、今朝100cc母乳が飲めた事を伝えて、
ご飯食べられるようにならないと、退院できないんですよね~と聞いてみる。
看護士さんは、もも太郎くんの様子を見て、先生に聞いてみると言ってくれた。

ほどなくして、お昼からご飯を食べられることになったと言いに来てくれた。
そして、点滴も薄くなった。

今回の離乳食も中期から。
お粥、そぼろあんかけ、おひたし、含め煮、フルーツ。
もも太郎くん、食べないものばっかり・・・。
所が、いただきますすると、食べる食べる!
面会に来ていた旦那さんと、あまりの食べっぷりに顔を見合わせてしまった。
さすがに7日間もまるっきり食べていないとお腹が空くのだろう。
点滴じゃ、お腹はふくれないし。
それにしても、急にこんなに食べて、また吐いてしまっても困るので、看護士さんに聞いてみる。
いつもの倍以上食べてると伝えると、
「もう終わりにしてください」
と返事。
食べたがるもも太郎くんを押さえて、ご馳走様。
こんなの初めて。

その後、母乳も夕飯も同じ感じ。
夕飯は、食べたいだけ食べさせた。
嫌いなお芋も食べた。
完食!

直接の母乳も始まったし、ご飯も食べ始めたので、吐かないか心配。
食後はなるべくおとなしくさせたいのに、元気になったもも太郎くんは、全く言うことを聞かない。
この間まで、弱弱しくて言うこと聞いていたのに。
いいことなんだけど、ちょっと困った。

そして、直接の母乳が始まったことで、今までのこと思い出したんだろうな。
昨日まで、私のお腹に頭を乗せておとなしく寝ていたのに、もうそれじゃ我慢できないらしい。
添い乳で寝た・・・。
このまま夜の授乳は無しで行けたらいいなと思っていたのは、甘い考えだった。


テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院7日目
1月1日

とうとう、病院で年を越してしまった。
もも太郎くんの入院している病室は、隔離病室なので誰も帰りませんでしたが、
他の病室の子は、一時帰宅する子が多いみたいで、病院内もガラガラ。

入院した日には、ナースステーションに小さいツリーが飾られていた。
もも太郎くんに見せてあげたかったが、病室から出られず・・・。
見せてあげられないままツリーはなくなり、ミッキーとミニーの晴れ着姿のぬいぐるみに変わっていた。
これは見せてあげたいな・・・。

今日も元気。
朝から、笑顔が出ている。
今までは、笑ったりしなかったのに。
「いいお顔して」
というと、ニコッてしてくれる。
母乳は、飲んだり飲まなかったりだが、70ccくらいはコンスタントに飲んでいる。
私が食べているものも欲しがるようになった。

今日はご飯が食べられる?と思ったが、まだダメだった。
やっぱり100ccは飲めるようになったほうが良いらしい。
できれば150cc飲んでもいい。
それができたら、明日にはご飯が食べられるかも!!だそう。

早くしないと、旦那さんの冬休みが終わっちゃう・・・。
勿論、もも太郎くんの体調が最優先なんだけど・・・。

もも太郎くん、沐浴してもらった。
お湯が熱かったのか、慣れないからか、大号泣。
大暴れしたので、もうベッドも床もびしょびしょ・・・。
久しぶりで、気持ちいいと思うんだけど。
私だってお風呂入りたいなぁ。

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院5日目・6日目
12月30日

いつの間にか、こんなに日がたってる。
入院初日に、先生に言われたのが、
「この病気では、3日間か6日間入院する人が多いです」
だった。

最初は、3日目に退院出来そうだったのに、ダメだった。
そして、6日目で退院するには、今日中には食事が出来るようになっていなければいけない。
しかも、食事をとって、吐かないことが確認できなければいけない。
食事をとるためには、もう少し母乳を飲めるようになっていなければいけない。

昨日少し2回吐いてしまったけど、大量では無かったので、点滴だけには戻らなかった。
でもまだ、薄い点滴には変わらない。
もう、1回に100cc位飲んでもいいと言われている。
私も頑張って、毎回100cc搾っている。
でも、50ccも飲まない。
これじゃ、食事に辿り着けない。
先生にも、もう少し飲めるようにならないと・・・と言われた。

病院での年越しを覚悟した・・・。

母が、アンパンマンの抱き枕を持ってきてくれた。
病気と闘っているもも太郎くんにご褒美らしい。
アンパンマンの鼻にかじりついたり投げたりして遊んでいる。
久しぶりに、嬉しそうな声で
「アンマン!」
と言っているのを聞いた。



12月31日

昨日と同じ感じ。
でも、体調が良いみたいで、元気が出てきた。
それと同時に、強情な面が出てきて困り気味。
朝からずっと抱っこ・・・。
ダメといっても
「あだ(いやだ)、あだ、あだ」
しか言わない・・・。
母乳は、夕方にやっと80ccまで飲むことが出来た。

アンパンマンに片手を乗せて寝ている。
こんなところは可愛い。

今日は旦那さんに、緑のたぬきを持ってきてもらった。
年越し蕎麦がインスタントとは・・・。
それでも、親子3人で居られるから幸せだよね。

消灯時間とともに親子でぐっすり。
こんなに早く寝た大晦日って、幼稚園くらいまで遡らないとないかも^^;

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院4日目
12月29日

今朝は、搾乳が追い付かなかったので、お水を20CCあげた。
その後母乳を50CCあげた。
でもそれじゃ足りないらしく、泣いておっぱいをせがむ。
ここで母乳をあげてしまうと、また吐いてしまうのであげられない。
吐いたらまた点滴だけからやり直しになってしまうから。
30分以上、1時間くらいは間隔をあけたい。
でも泣き止まず・・・。

結局、泣きすぎて少量吐いてしまった。
これは看護士さんも、泣きすぎだねといって、胃腸炎のための嘔吐には入れないでくれた。
でも、昼にまた大量に吐いてしまった・・・。
とりあえず、今のまま様子を見ているけど・・・。

そして、便が出ない。
入院してから1回も出ていない。
毎日2~3回していたのに。
隣の子なんて、かわいそうなくらい出てるのに。
先生や、看護士さんが、しょっちゅうお腹を触診してくれるけど、やわらかいから大丈夫みたいと言う。
それでもレントゲンを撮ってみてみることになった。
この入院で何回レントゲン撮るのだろう・・・。

今度のレントゲンは私も一緒に居られた。
というか、手伝った。
レントゲン室に入り、オムツを脱がせると・・・。
下痢してる・・・。
ほんの少しだけど。
まさか、ここに来てするとは思っていないから、お尻拭きも、替えのオムツもない・・・。
とりあえず、そのまま撮影することに。

一人が両腕を持ち、持ち上げる感じ。
私が、暴れないように足を押さえる。
やっぱり泣き叫ぶ。
そりゃそうだよね。
大丈夫だよ、なんて声かけても、怖いよね。
撮影後、すぐに抱きしめてあげたけど、なかなか落ち着かない。
そして、汚れたオムツを履かされちゃうし・・・。

結果は、便が結構溜まっている、これが気持ち悪い原因かもということで、浣腸をすることに。
看護士さんがやってくれた。
私がやるのかと思って、ドキドキしちゃった^^;
すると10分後位に大量に出た。
今までの分だなぁ。
とりあえず、一安心。

夜になっても吐いてはいないものの、うっぷうっぷと今にも戻しそう・・・。
なので吐き気止めの座薬を使いました。
効果が早く出ると良いな。

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院3日目
12月28日

朝の診察。
吐いてから12時間以上たっているので、また水を少しから始めてみることに。
気分が優れないのか、最初お水を一口しか飲まない。
また寝てしまい、起きたら水を三口位。
だるいんだろうな。

お昼くらいからは30分間隔くらいで水を10CCずつ飲んだ。
お水をのんでも問題ないので、夕方には母乳を飲んでも良いことに。
ただし、搾乳したものをマグであげます。
母乳直接は、飲みすぎるのでNG。

寝るまで、間隔をあけて少しずつ母乳を飲ませた。
もう寝るときにおっぱいを欲しがらなくなった。
でも、私のお腹に頭を乗っけて眠る。
おっぱい欲しいんだろうな。
おっぱいなしで寝ているせいか、夜中ぐっすり寝ている。
夜中起きないと、こんなに楽なのか。
でもガチガチに張ってしまうので、途中で搾乳。
さすがに、目の前では可愛そうなので。

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

入院2日目
12月27日

昨日、吐かなかったので、直接おっぱいを吸わせることに。
・・・。
食いついて離れない・・・。
たくさんは飲んでほしくないんだけど・・・。

お昼からご飯も始まりました。
一応、お腹が弱っていると思われるので、中期から。
お粥に、おかず2種類(違うもののようですが、具は似たものが入っていました)バナナにお茶。
なんだかもも太郎くんを産んだときの私のご飯を思い出すなぁ。

家ではほぼ決まったメニューしか食べないもも太郎くん。
だから貧血になっちゃつたんだけど・・・。
やはり食べてくれない。
お粥をほんの3口くらいでご馳走さま。
おかずもバナナも、べーーっ。
まぁいつもの半分くらいでいいと言われたので、こんなものかしら。

その後もう1回おっぱいを飲みましたが、なんか顔色がすぐれない。
そして...吐いてしまった。
丁度そこに夕飯が運ばれてきた。
吐いた量が少しだったので、30分待って水10CCを何回か与えてみて、大丈夫ならご飯食べてもいいと言われた。
お水2回目をあげた直後、また吐いてしまった。
今回は大量に。
前に飲んだおっぱいと、5時間前に食べたお粥が消化されずにでてきた。
まだお腹の調子ダメみたい。
1からやり直し。

お夕飯はそのまま下げてもらい、糖分が少ない点滴に変わっていたのに、元に戻ってしまった。
また点滴だけで、水も禁止。
おっぱい欲しがって泣きっぱなし。
かわいそう・・・。
それでも消灯の頃には元気が少しでてきた。


テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。