2012/01 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PMS
今回は、私のPMS治療の話です。

もも太郎くんを出産して、妊娠中少し収まっていたPMSがまた段々出てきました。
しかも、育児のストレスなどもまざり、段々エスカレートしていっている感じです。

PMSは、生理や排卵などに関係して、イライラも高まってきます。
でも私の場合、排卵に関係なくいつでもイライラしている気がします。
PMSではなく、PMDDなのではないか?
それとも、婦人科系の病気ではなくて、精神科系の病気ではないかとかいろいろ悩みました。

イライラしはじめると、自分でも止められなくて。
怒っている間も、何でこんなにイライラしているんだろう・・・とか自分でも悩みます。
しかも、そう思っていてもイライラを抑えられなくて、いつも辛い思いをします。
もも太郎くんも被害を受けて、辛い思いをさせてしまったり・・・。

もも太郎くんの妊娠直前まで、パキシルという向精神薬を飲んでいました。
それを服用している時はなかなか効いていて、穏やかな毎日を過ごしていました。
でも、もう一度妊娠したい。
薬を止めた時の離脱症状がかなり辛かった。
これを思うと、もう一度パキシルを飲む気にはなれませんでした。

時間があれば、PMSの治療について調べました。
そして、ある事を知りました。
PMSの症状は、潜在性鉄欠乏性貧血の症状と同じようなのです。
潜在性鉄欠乏性貧血だと不妊にもなってしまうそうです。
私は、特に不妊の理由がなかったのです。
ここが悪くて子供が授からない、とかなく、夢クリで治療したのですが・・・。
もしかして私貧血なのかしら??

ネットで見つけた病院は、60項目以上の詳細な血液検査・尿検査をしてPMSの原因を調べてくれます。
そして分子整合栄養医学に基づいて、サプリメントでの治療になります。
サプリなら、副作用ない!
でも、保険がきかないから高額なお金がかかる・・・。

旦那さんに相談しましたが、却下されてしまいました。
そしてまた、イライラした生活が数ヶ月続きました。
そんななか、自然妊娠と流産を経験し、悲しかったけど、私は自然妊娠できるんだ!という希望も見出しました。

イライラした毎日、怒鳴って物を投げつけたりもしました。
もも太郎くんもおびえるし、これじゃいけないと思い、もう一度旦那さんに相談しました。
今回は、旦那さんも賛成してくれました。
(その頃は、特にイライラが酷くて、手に負えない状態だったからでしょう)

そして病院に行くことになったのです。
治療については、また後日書きます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。