2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲み薬
3月2日

もも太郎君は、週1回位のペースで小児科へ通っています
大体は、湿疹のことで通っています。

4ヶ月に入ってすぐの事です。
あまりに、頭を掻き毟るのでとうとう飲み薬が処方されました。
アレジオンドライシロップ1%
という薬です。
かゆみを抑える薬らしいですが、副作用で眠くなるようです。
その副作用を理由して、夜掻かないで寝てもらおうということで処方されました。

シロップというと液体なのかなと思いますが、粉末でした。
まだ、母乳しか飲んだことのないもも太郎君。
粉末の薬の飲み方は
1,2滴の水で粉薬を練って、お団子状にします。
それをほっぺの内側か、上あごに塗りつけて、おっぱいを飲ませて一緒に飲ませます。
これが難しい
1,2滴のつもりなのに、団子状にならず、液体になってしまいます。
どうやら、手を洗った時の残りの水分だけで十分みたいです。

初めて薬を飲むとき、もも太郎君は何がなんだかわからず、口に指を入れられても
いつも自分から指を食べる感じでちょっと楽しそうでした。
でもすぐに何かおかしいものが口の中に入ったことがわかり、しかもまずかったようで、
すごい、まずい~~~っという顔をしました。
(申し訳ないけど、その顔がすごく可愛くて笑っちゃいました)
そしてすぐさまおっぱいを飲ませ、薬を一緒にのませます。

このお薬は、まずいらしくすごくいやな顔を毎回します。
お薬をおっぱいで流し込んでしまえばいいのに、もも太郎君はなぜか、
お口の中の薬を自分の唾液で溶かして全部飲んでしまいます。
そしてその後、お口直しのようにおっぱいを飲みます。
なので、薬が口からなくなるまで、おばあちゃんが梅干を食べたような顔をしながら
くちゃくちゃしています。
いくらおっぱいを含ませようとしてもダメで・・・。

団子にならないで、液体になってしまった時は、仰向けのもも太郎君の口に
流し込んじゃったりして

結構苦労して薬を1週間飲んだにもかかわらず、あまりよくならなかったです。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する  (非公開コメント投稿可能)

コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。