2017/08 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなに言わなくても・・・。
7月5日

児童館へ行ってきました。
そこの児童館は結構広くて、おもちゃも沢山あるし、子供たちは楽しそうに遊んでいます。
もも太郎くんも随分慣れてくれたようで、今日は自分からおもちゃに近付いていきました。

もも太郎くんは何か気になるものがあったようで、何かに向かってずりずりしていました。
すると、側にいた職員(保育士さん?)の方に

そのずりばいはすごいね。早いね~。ビデオに撮っておいた方がいいわよ。

と言われました。

でも、高バイあまり出来ないのです・・・。

と言って、高バイさせようとしたら、


無理にやらせないで。
ハイハイとか立っちとかはその子の体にプログラムされて産まれて来るんだから、
大人は余計なことしなくていいの。
手助けとか、やり方教えたりしちゃダメ。
見守っていればいいの。
危ないときだけ助けてあげればいいの。
それから、ダメってあんまり言っちゃダメよ。
あれもダメこれもダメって言って、赤ちゃんの先をふさいじゃうと、どうしていいか
わからなくなって何も出来なくて閉じこもるような子になっちゃうわよ。
触ったらダメなものは最初から隠しておいて。
そして赤ちゃんのやりたいようにさせてあげれば、自信をもって前に進める子になるわよ。
それに、ずりばいは、高バイより筋肉使うのよ。
高バイさせたらもったいない。
あなたもやってごらんなさい。


と言われました。
なるほど。
言われたことは、もっともなんだけど・・・。
なかなか出来ないよ。
でも、閉じこもっちゃうような子になってほしくないから、できるだけ頑張ろう。



スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する  (非公開コメント投稿可能)

コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。