2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロミフェン周期1・D34
1月21日(水) D34

LH・・・0.2 
FSH・・0.4 

お会計アップロードファイル4,830

今日の内診で卵胞がなくなっていれば、自然排卵させてから移植です。

ちょっと、ドキドキ。
所が・・・。

左の卵巣には卵胞がなくなっていたのですが、右の卵巣にいくつか残ってしまっていました。
しかも、3mm後半の大きさの結構大きいやつ。
5日前とあまり変わってないがーん

ということで、ホルモン値には全く問題ないのですが、ホルモン補充周期に入るそうです。

ホルモン補充周期移植(HR周期移植)とは、排卵させないで、薬で内膜の状態を移植に適した状態にコントロールして胚移植をすることらしいです。

すっかり、自然排卵させてから移植だと思っていたので、なんだかちょっとショックです。
先生によると、採卵後に自然排卵さてせ移植できるのは少数派、ということでした。
もう少しでその少数派に入れるところだったのにねぇ、と言われてしまいました。
その、少数派に入りたかったなぁ。

自然排卵させて移植するのと、HR周期移植とどっちがいいんだろう?
でもいくら考えても、もう自然排卵移植にならないので、考えるのはやめよう。

今日から、プラノバールは飲まなくてよいそうです。
そして25日が次の周期の1日目になるそうです。
(25日に生理が来ていなくても問題ないそうです)

今日から次の周期に向けて、頑張るぞ!!
でも、具体的に何すればいいんだろう!?

移植なんだから、今度は内膜が重要なんだろうな電球
内膜が厚くなるようなことしなくっちゃ!!



無し

スポンサーサイト

テーマ : 不妊治療 - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する  (非公開コメント投稿可能)

コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。