2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院1日目
12月26日

消灯後の病室には、男性が入れないので、私が付き添うことに。
私から離れないし。
旦那さんに、入院と付き添いに必要な荷物を持ってきてもらうことに。

荷物も揃ってベットに落ち着く頃には、もう夜中の4時頃。
おっぱいも水も禁止になったもも太郎くん。
普段はおっぱいくわえながらじゃないと寝ないのに、さすがにだるいのと、吐き疲れ、泣きつかれもあって、抱っこしていたら寝付いてくれた。

起きてもおっぱいをもらえないので、機嫌悪い。

朝になり、検診があった。
一晩吐いていないので、水を少しずつ飲んでもいいことになった。
水10CCを30分以上間隔をあけて、何回か。
次に搾乳した母乳10CCから始めた。
最初は10CCすら残す。
いつもがぶ飲みなのに。
でも起きていると、くわえたくて泣いてばかり。

夜になった。
いつもおっぱいをくわえながら寝ているもも太郎くん。
寝付けず、大号泣。
大好きな抱っこ紐で抱っこしても泣き止まず。
大部屋なので他の人に迷惑かかるので、特別に他の部屋に一時移った。
(他の人に感染してしまうと大変なので、隔離病室に入院した。
この病室の人は、みんな同じ病気らしい。
本当に流行っているんだな。
入院患者の子供たちは、部屋からは出られない)
それでも泣き止まず1時間半以上大号泣。
結局泣きつかれて寝てくれた。
かわいそう。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する  (非公開コメント投稿可能)

コメント
No title
詳しく拝見してあらためて驚きました。
胃腸炎怖いですね。
とってもとっても大変でしたね。
もも太郎君本当に可哀そうに・・・
苦しい思いいっぱいして・・・・今は治って元気になって本当に良かったです。
ももんがさんも看病されるのとても大変だったと思います。
私だったらもっともっとパニックになってたかもしれません。
あらためてお疲れ様でした。
NAOさんへ
NAOさん、こんにちは。

胃腸炎、本当に怖いです。
世間で聞くように、本当に流行っているようで、同じ位の月齢の子が、入れ替わり立ち代り入退院していきます。
いまだに、点滴の後が手に残っていて、そこを指差して私に見せたりします。
切ないです。
またこんな目にあわせないように気をつけないといけないですよね。

NAOさんも、大変でしたよね。
お疲れ様です。
健康って、ホント大事ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。