2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
34週・妊婦健診10回目
2012年04月25日

妊婦健診10回目
子宮底長 33センチ
腹囲  87センチ
血圧  110/62
心拍  83
浮腫  -
尿蛋白 -
尿糖  -
体重  +6.9キロ

うぅ~ん。体重増加のペースが速くなってきたぞ。
胎児ちゃん自体が、大きくなる時期に入ってきたせいもあるんだろうけど・・・。

内診。
子宮までの距離は保たれているそう。
張りは、横になれば収まるけど、すぐ張ってしまうと告げる。
便秘気味も伝える。

問診。
張り止めは引き続きのむ事になった。
便秘も、張りの原因になるから、マグミットをのみ続けることに。

張りに痛みが伴うようなら連絡をしてと言われる。
今までも結構痛かったと言うと、35週を超えたら特に無理しないようにと言われる。
あまり痛みを伴う張りが続くと、胎盤剥離を起こしてしまうらしい。
このまま張りが酷いと、入院を早める可能性が出てくるし、手術日も早くする可能性があるらしい。
とにかく家では無理しない、すぐ横になる。
半日(朝から夜までとか)まで様子みて、張りが良くならないようなら連絡してとの事。
夜眠れないくらいの痛みでも連絡。
出血や、お水が流れる感じがあったらすぐ連絡してとも言われた。
さすがに出血や破水があれば、すぐに電話するよ・・・。
GWに入るせいか、そーゆー週数なのか、結構脅されてる気がする・・・。
とにかく、GWに遊びまわるのは控えよう。

次回の健診の時、帝王切開の詳しい説明を聞く事になった。
前回、緊急帝王切開で、何も分からないうちに手術台に居たからなぁ。
ちゃんと聞こう。怖いけど・・・。

連休中に何かあってもいいように、入院前にする、レントゲン、心電図、採血を今日やった。
何もないことを祈るけど・・・。


問診で、さらっと聞き流してしまった「胎盤剥離」。
胎盤が剥がれるのだろうなぁとは、思っていたけど、家に帰ってきてから調べてみた。

胎盤が剥がれると胎児に酸素が十分に送れなくなり、胎児の脳は酸欠状態になりる。
この事によって、胎児は次第に弱まり、脳障害が残ったり、死亡する場合も少なくない。
それから、胎盤剥離を起こすと、胎盤と子宮の間に血液が溜まり、血腫が出来る。
母体もこの血腫により血液の状態が変化し、血液が固まりにくい(DIC)を引き起こし、出血多量で大変危険な状態になる。

・・・・・。
怖いよぉーーーーーー!!!
こんなに怖いことだったとは・・・。
怖すぎて、GW遊びに行く気分にはなれない・・・。
プラレール博の前売り券買っちゃったけど・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する  (非公開コメント投稿可能)

コメント
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年04月25日妊婦健診10回目子宮底長 33センチ腹囲  87センチ血圧  110/62心拍  83浮腫  -尿蛋白 -尿糖  -体重  +6.9キロうぅ~ん。体重増加のペースが速くなってきた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。